お知らせ

2021年12月21日

社会保険適用拡大いよいよ2022年10月から。対応準備は進んでいますか?

  • TOP
  • お知らせ
  • 社会保険適用拡大いよいよ2022年10月から。対応準備は進んでいますか?

2022年10月から一部のパート・アルバイトの方の社会保険の加入が義務化されます。届出処理の増加に備え、効率化できるシステム導入で対策しましょう。

企業で負担する従業員の社会保険料。対象となる企業と従業員が拡大され、社会保険料とともに手続き申請の負担増が見込まれます。
対象となる従業員数の把握と、申請処理については電子申請システムの利用など、事前に対策しておくことが重要になります。

●2022年10月からは従業員数500人以下~101人以上の企業が対象となります。

対象となる企業は段階的に拡大され、最終的に2024年10月には51人以上の企業まで拡大されます。


●短時間労働者の要件のひとつである勤務期間要件「1年以上」が撤廃され「2ヶ月超」になり、対象者が拡大します。

新たに対象となる従業員について、2022年10月から「被保険者資格取得届」の申請が必要になります。その際、社労夢のような電子申請システムを利用するとオンラインでの届出が可能になります。


◎増大する作業負荷と費用負担に対応するために
「社労夢」の電子申請利用をご検討ください。

▼POINT①:年間340万以上の手続き実績がある「社労夢」のカンタン電子申請が便利です!
▼POINT②:退職者情報も管理可能!退職者分のコストは不要のため、過去手続き実績を蓄積し、書類保管やノウハウ共有にも活用できます!
▼POINT③:既存の電子申請システムからの入れ替えもしっかりサポートします!

社労夢で効率的な手続き申請処理を進めましょう。

法律改正に関する詳しい情報はこちら
・厚生労働省|社会保険適用拡大特設サイト:
https://www.mhlw.go.jp/tekiyoukakudai/

・2020年5月成立「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」
厚生労働省|年金制度改正法(令和2年法律第40号)が成立しました