VOICE

瀬野川産業株式会社様の導入事例

担当者名:代表者 立川 弘幸 様

導入システム:指紋de勤怠

●営業内容/一般区域貨物自動車運送業・第一種貨物利用運送事業 
●営業所・拠点 /広島、岡山、大阪
●久地配送センター/従業員数 164名 
●関連会社/(株)ステップ
●車両台数/98台

瀬野川産業様本社に訪問し、常務取締役 立川 雅伸氏、管理課顧問 吉本 登氏、佐々木 博紀氏に取材させて頂きました。










●導入の経過は





貨物自動車運送業、冷蔵倉庫業を広島県内から全国的に行っている瀬野川産業株式会社(広島市安芸区、以下、瀬野川産業という)は、平成25年9月よりフクシマ社会保険労務士法人の提案を受けて「指紋de勤怠」を導入しました。

導入後、約170名の従業員怠情報を本部総務課で日々リアルタイムに把握できるようになった点や別拠点の勤怠情報を拠点ごとの責任者に分業して承認できる点―など高評価頂いています。





●システムを使ってみての感想は?





特筆すべきことは、「指紋de勤怠」システム導入に併せて合理化を推進した点でした。
「指紋de勤怠」の導入に併せて、始業後、就業後の曖昧な時間を透明化しました。時間外勤務時間か私用休憩時間の判定をシステム内で自動的に判定できる点を生かし、拠点・部署ごとケースによっては特定従業員によって設定を加えるようにしていきたい、と考えています。
これまでは、タイムカードを利用した勤怠管理を行っていました。各拠点のタイムカードをそのまま本部に送ってもらい、勤怠〆時に集計していました。
集計した後、給与計算システムに反映させるデータを本部総務課で作成し、給与計算を行っていました。
従業員の勤務形態には、日勤・夜勤があります。雇用形態は、常時勤務者、短期間労働者に合わせて派遣労働者がいます。
従業員様の勤怠データの最終確認を本部が拠点に問合せしていました。
今考えると修正に時間がかかっていたのはそのためでした。

最終確認後、従業員様への明細書印刷、封入、発送(配布)まで行う工程をすべて本部の管理課で内製化して行っていました。





●何か問題点はありましたか?また、その解決方法は?





「指紋de勤怠」システム導入にあたって、各従業員が出社・退社の打刻時の指紋認証率についてですが、業務上のコンディションによって認証しにくいケースがあります。

「指紋de勤怠」システム利用前に従業員が打刻認証する指(最大指登録数1人5指)を登録するのですが、出退勤時、指紋センサーに人差し指をタッチすることで打刻できます。打刻出来なければその人の出社時間と退社時間の区分にズレが生じます。出社退社のズレは就業システム修正権限を持った「上長」に修正してもらう必要があります。

その権限に関するところ、管理課内でどのように運用していけば良いか諸々、導入時の慣れない時期戸惑っていました。









フクシマ社会保険労務士法人の職員の方に問合せしサポート頂きました。フクシマ社会保険労務士法人では、瀬野川産業さまの問合せ内容に対する質問事項と回答を集約しシートにし、一元管理しています(図1)。
管理課とのやりとりを蓄積し、「血の通ったFAQ集」としてページが増え続けています。
今後、この事例集を生かして同一業種や顧問先向けに指紋システム導入事業所を拡大していきたい意向です。





導入企業情報

PROFILE

社名 瀬野川産業株式会社
担当者名 代表者 立川 弘幸 様
所在地 広島県
URL http://www.senogawa.co.jp/

担当社労士事務所

PROFILE

社名 フクシマ社会保険労務士法人
社労士名 社会保険労務士 福島 省三 様
所在地 広島県
URL http://www.jinji-fuku.jp/index.php

社労夢を2ヶ月無料で試してみよう