VOICE 16

NPO法人夢のかけら舎様の導入事例

担当者名:理事長 五島 てるみ 様

導入システム:ネットde賃金

障がい者の方を一般企業と同様に雇用しています。アートを通じて、障がい者の方自らの才能を活かした特性を仕事とし、無理なく働ける場を提供し、働く喜び・生きがいを持ち、経済的・生活的に安定した雇用支援を目指しています。

『小さな美術館プロジェクト』

障がい者アートを展示して頂く事で、障がい者の自立を応援していく活動です。彼らの描いた絵は、見る人に癒しや、パワーを与え・笑顔になれる空間を生み出します。プロジェクトに参加して、幸せを共有じてみませんか!

■五島理事長に、そもそものきっかけからお話をお聞きしました。









前職は、電材部品メーカーで資材の外注管理の事務をしていました。その時、外注先が障がい者の方を社員として採用し始め、私も接する機会が何度もありました。その仕事に取り組む姿を見て、障い者就労支援に感心を持ちました。その後、ボランティアや他事業所の立ち上げなどを経験する中で独立を決心しました。その時同じ間からクロスフイールズさんを紹介され独立する事ができました。三浦先生には本当にお世話になりました。

■「ネットde賃金」を使ってみてのご感想は?

自分たちでできる事は自分たちで、少ない資源で大きな成果を上げる必要性があります。初心者でも直ぐに使うことができたのは、社労士の先生とこちらの事務所の両方で使えるから(クラウドコンピューティング)、解からない時も直ぐに確認ができ、14名の給与計算も間違うことなくスムーズに処理ができました。雇用保険の処理も、被保険者の情報は先生の方で管理され処理済みなので、こちらで悩むことがありません。

■仕事についても一言お願いいたします。

仕事は入所希望者を面接し絵に興味のある、介護を必要としない軽度の障がい者の方を採用し十時から十五時まで絵を画くことを仕事として働いてもらいます。出来上がった作品を、色々な施設にレンタルで飾っていただいています。五月の十九日、二十日には始めて作品展を「コッコファームたまご庵」で行うことができました。多数の方に作品をご覧頂き、また作品を通じて我々の活動をご理解頂くことができました。

■今後のことについても一言お願いいたします。

独立を決心しましたが、始めは施設の確保から資金集めまで、色々と壁にぶち当たりました。その都度周りの人たちの支援を得て一歩づつ進むことができました。この1年を通じて、感謝の毎日です。 今後、障がい者アートを広く周知することで、障がいがある人への理解や支援の輪が拡大できる一役になれるように事業展開を積極的に進めていきたいと思います。事業所内においても、就労者の増員や、空き時間の施設の有効利用などクロスフィールズさんに相談に乗って頂きながらより充実した経営に取り組んでいきたいと思います。

導入企業情報

PROFILE

社名 NPO法人夢のかけら舎
担当者名 理事長 五島 てるみ 様
所在地 熊本県
URL http://yumeno-kakerasya.jp/

担当社労士事務所

PROFILE

社名 クロスフィールズ人財研究所
社労士名 社会保険労務士 三浦 修 様
所在地 熊本県
URL

社労夢を2ヶ月無料で試してみよう