• HOME
  • 導入事例一覧
  • テレワーク・BCPで『社労夢』を有効活用!『社労夢』と併走しお客様の困りごとを解決する!

VOICE

テレワーク・BCPで『社労夢』を有効活用!『社労夢』と併走しお客様の困りごとを解決する!

社労士名:特定社会保険労務士 藤原 英理

導入システム:社労夢

■クラウドの『社労夢』を活用することがコロナ禍の困難な状況を切り抜ける一助に

先生の事務所についてお聞かせください。

藤原先生:社労士含め、47名。創業地の静岡が本社で人を多く配置しています。あとは東京が11人、大阪が3人、横浜は14人です。それぞれ地元に寄り添う形で拠点を配置し、今は4拠点となりました。
会社ごとの担当制で、手続きや給与計算、相談業務等を行っています。おそらく他の社労士事務所より、相談業務の割合は多く、内容に応じて上司や私がサポートするようになっています。あとは、就業規則や3号業務としての人事制度のコンサルなどの引き合いも多いかもしれません。

クラウドの『社労夢』なら複数拠点でも場所に関係なくデータが見られますね。

藤原先生:『社労夢』を活用して、拠点同士で助け合うことはよくやっています。どこかの拠点で電源が落ちた際には、別の拠点で給与計算をして明細を出すなど…。今回の新型コロナウイルス感染症への対応として、東京・横浜は在宅勤務で、ほぼ全員テレワークにしたのですが、主幹業務で社労士が見なければならない仕事は、通常業務だった静岡で回しました。いつどのような状況でも、困ったことがあったら、別拠点で補完できるというのは便利ですし、BCPとして相当機能していますね。これも全部クラウドだからできる話ですね。

『社労夢』はいつ導入なさったのですか。

藤原先生:法人がいま17期ですが、16年前にパッケージ版を導入し、それからクラウドに移行しました。法人立ち上げのときに業務ソフトを探していて、一番親しくしていただいた先生がお使いになられていたのが大きかったです。そのあと、『社労夢』を使っていた近所の先生が亡くなり、事業承継したのですが、同じ『社労夢』ということで、データ移行はスムーズに進みました。
当時は、3~5人位でやっていて、一心不乱に仕事に取り組んでいましたが、基幹システムとして『社労夢』には助けられました。


■どの会社でも柔軟に対応できるのは『社労夢』の給与計算だからこそ

小倉様は『社労夢』を使っていていかがですか?

小倉様:前職で給与計算をやっていたのですが、入社して『社労夢』の給与に触れて、支給項目を多数設定できることと、独自計算で計算式が設定できることが、他社さんと違って、柔軟性があると思いました。

藤原先生:給与計算は、他社を検討した時期もありましたが、500社位の顧問先を持っていると、どの会社でも柔軟に対応できるのは、やっぱり『社労夢』なんですよね。データにExcel計算をかけたうえで読み込ませる等は不要で、設定次第ですごい楽に給与計算が進み、しかも間違いが少ないので。だから、設定で全て済むのは、他社では得難いメリットですね。









『ネットde顧問』の活用状況はいかがでしょうか?

小倉様:お客様との連絡ツールとして『ネットde受付』を使っています。入退社や産育休など、様々な連絡をもらっている会社さんもありますね。添付書類を付けることができたり、備考にいろいろメモを入れることができたり、手続きとして完結するのは便利です。あとは、やっぱり『ネットde明細』は多くのお客様に使っていただいています。

藤原先生:『ネットde明細』の導入は多いですね。拠点が多いところはもちろんのこと、東京のお客様はほとんどでしょうか、幅広く使っていただいています。

ほかに、事務所の取り組みを教えてください。

藤原先生:RPAが出たてのころから定型作業で人力が掛かるようなところに利用しています。『社労夢』とは離れますが、何百人分の評価整理などは、RPAがないとできないですよね。RPAがあるからこそ仕事を受けられるという状況です。

小倉様:『社労夢』では、電子公文書が上がってきた会社のリスト作成と、給与取り込みをやっています。リスト作成は各人でやっていましたが、それぞれ皆が多少なりとも楽にはなっているのかなと思います。あと給与の取り込みは、今までは手打ちで対応していましたが、データで加工から取り込みまで自動化されたので結構楽になったと思います。

これからの『社労夢』に求めることはなんでしょうか?

藤原先生:今、企業の管理部門のデータ周りで多くのシステム会社が参入していますよね。お客様もいろいろなシステムを使っていて、社内でデータをつなげないから、我々のところに依頼がきたりします。その中で社労士事務所としてできることを増やしてもらいたい。『社労夢』が他のシステムと共存したり連携したり、あるいは他のシステムを超える提案ができるといった情報をいただければ嬉しいですね。
我々としては、給与は信頼性が高い『社労夢』でやりたいと考えています。ただ、お客様がそれを良しとするのかといったことから、『社労夢』の給与だけをかませるのは、厳しいということもあります。企業は会計ソフトと給与を連結したいのだと思います。それをシームレスにつなぎたいと考えていらっしゃる。そこに『社労夢』をかませることができればありがたいですね。

今後事務所をどのようにしていきたいとお考えですか。

藤原先生:もう1人の代表と2人で組織をつくってきましたが、そろそろ若手に引き継いでいこうと考えています。筆頭を張れるぐらいの職員もいますし、職員や事業所がばらばらになったとしても、つながっていきますから。そういったこともあって、いま標準化と、やれることの可視化をしています。
たぶん今後、手続きや給与に関しては、社労士事務所のライバルは、社労士というよりコンサル会社さん、ある意味IT系の会社さんになっていくのではと思っています。しかし、企業がある限り、人がいる限り、相談業務は、給与にしろ、手続きにしろ、3号業務にしろ、絶対残ります。だから「どの部分を手伝ったら、問題が解決するのか?」という視点でお客様の困りごとに寄り添うことが必要だと思っています。そこを職員には一生懸命伝えているつもりです。お客様に向き合っていく力を伸ばし、システム等いろいろなツールを活用しながら、問題を解決していくことが事務所として進化していくことなのだと思います。
その時に『社労夢』は、確実な仕事、工数の削減、クラウド連携といった困りごとを解決していくパートナーと思っています。そこでしっかりと仕事を一緒にしてもらえれば、ありがたいと思います。









取材:2020年10月





PROFILE

社名 あおば社会保険労務士法人
社労士名 特定社会保険労務士 藤原 英理
所在地 静岡県・東京都・大阪府・神奈川県
URL https://aoba-sr.com/

社労夢を2ヶ月無料で試してみよう