【Shalom、ネットde事務組合】「令和4年度雇用保険料率改定」の対応について

お知らせ

2022.03.31

雇用保険料の引き上げを柱とする雇用保険法などの改正法が2022年3月30日、国会で成立しました。
現在、賃金の0.9%を労使で負担する保険料率について段階的に2回の引き上げが実施されます。
2022年4~9月は0.95%、2022年10月~2023年3月は1.35%となります。
「Shalom(社労夢)」の労働保険個別申告、事務組合、「ネットde事務組合」では、Ver3.4、Ver5.0ともに以下のスケジュールで無償アップデート対応を致します。

【雇用保険料率の変更対応について】

●雇用保険料率
前期:2022年4月1日 ~ 2022年9月30日対応分 / 後期:2022年10月1日 ~ 2023年3月31日対応分

〇一般の事業:        前期  9.5/1000 / 後期 13.5/1000
〇農林水産・清酒製造の事業: 前期 11.5/1000 / 後期 15.5/1000
〇建設の事業:        前期 12.5/1000 / 後期 16.5/1000

・端数処理について
算定基礎額:上半期の端数は切り上げ、下半期の端数は切り捨て
概算保険料:上半期、下半期とも切り捨てずに合算、その際の端数は切り捨て

●無償アップデート対応予定日
①2022年度(令和4年度)年度更新:概算保険料の前期、後期対応
 第一次アップデート対応予定日:2022年4月1日、年度更新入力及び納入通知書対応等
 第二次アップデート対応予定日:2022年6月1日、労働局申告納付対応等
 第三次アップデート対応予定日:2022年7月1日、期中増減対応等
②2023度年度(令和5年度)年度更新:確定保険料の前期、後期対応
③2024度年度(令和6年度)年度更新:通年対応

※②③については、対応予定日が決定次第、改めてお知らせいたします。
※予定日は変更になる可能性ございます。

雇用保険料率改定の詳細はこちら「厚生労働省」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000108634.html

アップデート情報についてはシステムログイン画面などでお知らせいたします。
今後もより良いサービス提供のため、機能改善を行って参ります。

カタログをダウンロードする

ダウンロードはこちら ダウンロードはこちら

2ヶ月無料トライアル

社労夢の実際の画面をみる

お問い合わせをする

お問い合わせはこちら ダウンロードはこちら