NEWS

【ユーザー訪問】社会福祉法人 太陽の家(大分県別府市)

2019年9月30日

グループ会社ビジネスネットコーポレーションのお客様である社会福祉法人太陽の家に当社代表取締役社長・CEO 三宅が訪問しました。「太陽の家」は、障がい者の働く場づくりに取り組む社会福祉法人です。

現在8社の企業が共同出資して、協力企業も含めて障がいを持つ方が自立して生活をしていく環境や機会を作ることを目的に、数々の素晴らしい取り組みをされています。
 





( 創設者 中村裕博士の銅像前にて三菱商事太陽(株)の福元社長[右]と当社の三宅 )




まず三菱商事太陽株式会社の代表取締役社長である福元様より「太陽の家」のこれまでの歩みや趣旨などをご説明頂きました。
 





(「太陽の家」創設者 中村裕 博士)




創設者で医学博士である中村裕氏は英国留学時に医師がさまざまな分野の人と連携して、脊髄損傷者の社会復帰を支援していたことに衝撃を受け障がい者の仕事を通じての自立やスポーツによるリハビリに情熱を注がれ「太陽の家」の設立に尽力され、その生涯はドラマや漫画でも描かれています。

その後、株式会社大分銀行太陽の家支店、オムロン太陽株式会社、富士通エフサス太陽株式会社の見学をしました。

一人一人の障がいに合わせた仕事の仕組みと職場環境を整えられておりみなさん大変イキイキと働かれている様子が非常に印象的でした。

製造系の業務、IT 含む情報系の業務など、各社それぞれの業務委託をされていますが全ての方が働きやすいように細かな配慮が職場環境や業務の流れ、作業の1つ1つになされており、まさに「働く方のための職場」になっています。

このことは今後ダイバーシティを考えていく上で重要なポイントであることを考えさせられました。
今回見学して学ばせて頂いた障がい者への自立支援の形を今後の弊社のCSR への考えの基礎・参考とさせて頂きます。

福元様を始め各社の皆様には大変ありがとうございました。


「太陽の家」公式WEB ページ http://www.taiyonoie.or.jp/

社労夢を2ヶ月無料で試してみよう