NEWS

『人事労務freee』との 連携開始のお知らせ

2019年10月9日

■社会保険・労働保険に関する一部手続き電子申請義務化へ広く対応 ■
2020年4月以降の特定の法人事業所が社会保険・労働保険に関する一部の手続を⾏う場合の電子申請義務化に広く対応するため、各種社会保険手続の電子申請サービスである「DirectHR」との連携を2019年11月、「社労夢」との連携を2019年12月に開始いたします。
 









■ 作業効率化とコスト削減を実現 ■
人事労務freeeにおける従業員情報、給与計算や勤怠情報データを「DirectHR」や「社労夢」へ連携することで一貫した業務フローを提供します。
電子申請の内製化ニーズのある事業者は「DirectHR」、社労士事務所は「社労夢」を利用・連携いただくことで、従業員の入社・退職時や毎年の賞与支払い時に必要となる健康保険や雇用保険手続きなどに係る書類作成と申請手続の作業効率改善・コスト削減を実現します。





■ 人事労務freeeについて■
30万事業所が利用する人事労務システムで、従業員マスタ、給与計算や勤怠管理を自動化します。
さらに100万事業所が利用する会計freeeを利用している場合、士業連携や会計部門との連携もスムーズに行えます。
充実したサポート体制に強みを持ち、使いやすさとバックオフィス業務の効率化に定評があるSaaS型クラウドサービスです。





■ 社労夢ついて ■
社労士業務支援システムであり、社会保険・労務保険の煩雑な申請手続きの効率化を実現するクラウドサービスです。e-GovAPI連携電子申請件数は267万手続き(平成30年度実績)を誇る業界スタンダードシステムで、現在約2,400の社労士事務所と顧問先企業約60万事業所にご利用頂いています。

社労夢を2ヶ月無料で試してみよう